みんなの美肌体験談集

 

ピーリング石鹸 体験談11

ホーム > ピーリング石鹸 体験談11

ピーリング石鹸でシミは消えるのか。

ピーリング石鹸とは、皮膚の古い角質を取り除き、新しい角質を取り戻す作用のある石鹸です。また、ピーリング作用をうたう商品も多く発売されています。 三十代に入ると、女性の多くは顔のシミに悩まされるのではないでしょうか。 私も、シミに悩む女性の一人です。そこで、ピーリング石鹸を使用した際の体験談をご紹介したいと思います。

まず、シミの箇所、大きさです。一番気になるものは、右頬に一か所、一円玉ほどのシミです。他にも、頬の上を中心に点々とシミが広がっている状態です。 ピーリング石鹸を使った期間は約三週間です。 使用時間は、夜の入浴の洗顔時に二、三日おきに使用しました。 使用方法をよく読み、肌に合わない場合もありますので、容量は少な目から始めることをおすすめします。 効果としては、残念ながら、目に見えて改善されてはいません。ただし、約三週間という短い期間なので、今後続けていくと効果は表れてくるのかもしれません。

次に、体験談を踏まえ、ピーリング石鹸を使用するにあたっての注意点も紹介したいと思います。 まず、普通の洗顔石鹸とは違い、古い角質を落とす作用が非常に強いです。 そのため、初めて使う日には、ごっそりと古い角質が、消しかすのように落ちます。これは今まで角質を落とすような洗顔方法をしていないために起こることであり、 使用二回目、三回目には期待できないことです。 また、肌の角質は、一定の周期をもって育ち、古くなったものが自然と剥がれ落ちるということが前提にあります。 ピーリング石鹸を毎日使い続けることは、その肌の角質を育てる段階を無視することになります。まだ育っていない角質を、石鹸でこすり落とすことを日々続けていると、肌は日に日に弱くなり、乾燥肌を誘発したり、にきびなどの炎症を起こします。 私の場合も、ピーリングをした初日は大丈夫でしたが、三日間連続で使用すると皮膚にトラブルが発生しました。 そのため、一度使用を見合わせ、肌の角質を十分に育ててから再度使用をしました。その後、毎日の連続使用ではなく、ニ、三日に一度の使用頻度に変えました。 自分自身のお肌の様子を確認しながら、無理のないピーリングをお勧めします。