みんなの美肌体験談集

 

ピーリング石鹸の成分

ホーム > ピーリング石鹸の成分

ピーリング石鹸に含まれる成分とその効果について説明致します。

ピーリング石鹸に含まれるグリコール酸とは

ピーリング石鹸に含まれるグリコール酸は水に溶けやすい、サトウキビや玉ねぎなどから抽出されるフルーツ酸で、皮膚への透過性が非常に優れています。 皮膚剥離に効果的なので、お肌に残った古い角質を除去するのに最適ですので、新陳代謝が正常に行われていない場合、グリコール酸を用いることにより、新しい細胞によって再生されたお肌があらわれます。シワやニキビ、シミなどの改善に効果があるとされています。

プラセンタエキス配合

美容効果の高さが評判の"プラセンタエキス"。その効果は、肌ケア、アトピー、ダイエットなど、広範囲にわたります。胎盤より抽出されるプラセンタエキスは、胎育に必要な栄養素が100種類以上含有されています。細胞増殖活性効果が、お肌の細胞活性化にも非常に有効です。 ピーリング石鹸で角質を落とし、新たな細胞生成を促すことにより、お肌のシミやシワ、くすみやニキビ跡などを正常な状態に戻しますが、さらに"プラセンタエキス"により、新陳代謝を驚くほど促進させ、お肌のサイクルを改善してくれます。

トレハロース

高い保湿成分があるトレハロース。トレハロースは糖分に分類され、海藻類やキノコ類に含有される成分です。海藻類やキノコ類の乾物は、水に浸すと保湿力の高い元の姿に戻ることから、その保湿性に注目され、現在では美容用品に多く使われるようになっています。

竹酢液

竹酢液は、竹炭を作る際に釜から出た煙を採取し、冷却・液化させたもので、酢酸やフェノール酸など200種類以上の成分からなり、消臭や殺菌・防菌効果などがあります。

レモングラス油

代謝アップや血行促進をしてくれます。古くインドでは数千年前 から、インド医学"アーユルヴェーダ"では、感染症治療や解熱に使用されてきました。

アスコルビルリン酸Na

アスコルビルリン酸Naは、ビタミンC誘導体に分類されるものです。もともとビタミンCは、高い美容成分であるものの、そのまま美容用品として使うには酸化してしまうため、ビタミンC誘導体と結びつけて美容用品にする必要があります。ビタミンC誘導体であるアスコルビルリン酸Naを用いることで、効果的、安定的にビタミンCを美容に用いることが出来るのです。