みんなの美肌体験談集

 

ピーリング石鹸 使い方

ホーム > ピーリング石鹸 使い方

ピーリング石鹸 使い方

1 顔をぬるま湯などで、たっぷりと濡らしておきます。

2 ピーリング石鹸を泡立てます。石鹸ネットなどがあればより泡立てやすいのでおすすめです。

3 ピーリング石鹸は、お肌をゴシゴシ擦るようなものではありませんので、泡で優しく顔をなでるようにのせてください。お肌を擦ってしまうと、いためてしまう事もありますので、お気をつけください。 お顔の肌の強い部分、あごなどからゆっくりと慣らすようにぬっていきます。唇や目もとなどは、お肌の弱い部分ですので避けるようにして下さい。

4 パックをする時のように、泡をつけてから2~3分間そのままにして下さい。 実際、泡をつけてからの放置時間は個人差によりますの で、あくまで目安ですが、お肌に刺激を感じ始めたら、ケミカルピーリングでお肌の角質を剥がしている状態ですので、洗い流すのに最も適した時間です。優しく洗い流してください。

5 ピーリング石鹸を使った後は、お肌が乾燥して敏感になっています。保湿をしっかりと行いましょう。

ボディケアには、強めのピーリング石鹸がオススメ!!

ピーリング石鹸は、ボディケアにもご利用いただけます。顔のお肌と体のお肌は、お肌じたいの強度がまったく違いますので、お顔には弱めのピーリング石鹸を用いて、ボディケアには強めのピーリング石鹸を用いるというのも大きな効果があります。

ケミカルピーリング効果でお肌の角質を剥がし、全身が綺麗なスベスベお肌になります。 特に背中は、人の肌の中でも最もお肌が強い部分のひとつです。 強めのピーリング石鹸を用いて、背中ニキビ対策やシミ対策をしていけば、ご自分で肌ツヤの変化を実感できるでしょう。

また、ピーリング石鹸は、お肌のサイクルを活性化させることにより、潤いのある柔らかいお肌に変えてくれるために、妊娠線予防をしたい方にもおすすめです。 角質を取ってツルツルすべすべになる。ピーリング石鹸で、ボディケア生活はじめませんか?